Event is FINISHED

満員御礼!【CINEMA AID(シネマエイド) in 丸の内】ネパールの映画配達人による特別講演+クレイアニメ映画『映画の妖精 フィルとムー』

Description

■CINEMA AID(シネマエイド)とは

映画をもっと、みんなのものに――

映画体験は私たちに様々なものを与えてくれます。

たとえば新たな夢のきっかけだったり、ひと時の癒しだったり、新たな知識だったり、国境を越えた友情だったり……

この世には、そんな映画を数多く享受できる人々がいる一方で、まだ一度も映画体験をしたことがない子どもたちもいます。
たとえばカンボジアの農村部、エベレストの小さな村など、途上国の映画館がない地域に暮らす子どもたちです。

CINEMA AIDを主催するNPO法人World Theater Projectは、そうした子ども達に移動映画館で映画を届けている団体です。

CINEMA AIDは、映画上映&トークイベントです。利益はすべて、子ども達へ映画を届ける活動に使われます。CINEMA AIDに参加して、人生初の映画体験ができる子どもたちを増やしませんか?



■ネパールの映画配達人



古屋祐輔(ふるやゆうすけ) 通称:チョフ
10年前にネパールの孤児院に行き、子供達が柔道を通して心を育んでいる様子を目の当たりにしたことをきっかけに、教師をしながら長期休暇の際にネパールを訪れながら柔道の支援活動を開始。3年前に教師をやめネパールに移住し、現地に根ざした活動になるように奮闘中。現在は柔道以外にも教育支援や、様々なNPO団体と共に活動しています。また、2020年3月4日出発予定のネパールのスタディツアーでは映画を届けるサポートをしていただきます。

2019年に代表の教来石と古屋祐輔(以下、チョフ)さんが出会ったことにより、ネパールでの活動が飛躍的に広がりました。
今回、チョフさんが一時帰国されることになったので、たっぷりとお話が聞ける場をCINEMA AIDで設けることにしました!
ネパールでの映画上映会の話はもちろん、チョフさんが移住に至るまでの話やネパールでの生活事情などお時間が許す限りいっぱい語っていただきたいと思っています^^



■『映画の妖精 フィルとムー』ってどんな映画?

2017年、World Theater Project理念に共感してくださった多くの方の力と想いが集まり、WOWOW映画工房様ご協力のもと、クラウドファンディングで製作しました権利フリーの映画です。経済的、地域的に映画を観られる環境にいない世界中の子ども達のために作られました。これが初めての映画体験となるかもしれないたくさんの子ども達が観ることになる本作は、映画の魅力そのものが伝わる作品になっています。映画の中で冒険する楽しさ、観終わった後の喪失感、そして希望。映画が終わればいつもと変わらない日常に戻るけれど、自分の中で何かが少しだけ変わっているあの感覚。映画の父・リュミエール兄弟の『ラ・シヲタ駅への列車の到着』や『ローマの休日』など、過去の名作のオマージュが散りばめられ、大人たちも楽しめる作品になっています。

【あらすじ】
廃墟でひとりぼっちで暮らしているフィル。その表情はどこか寂しげである。そんなフィルの前に突然映写機が現れ、カタカタと鳴るフィルムロールの音とともに古いフィルム映像が映し出される。突如現れたムーによってスクリーンのなかに誘われるフィル。フィルとムーの旅が始まる。世界の子どもたちのためにつくられた短編クレイアニメーション。

上映時間:8分 
言語:なし
公式サイト:『映画の妖精 フィルとムー』


■「CINEMA AID in 丸の内」は、お仕事帰りに立ち寄りやすい素敵な会場で

CINEMA AID in 丸の内のイベント会場は、お仕事帰りに立ち寄りやすい、東京のまんなか中のどまんなか。光のメーカー ウシオ電機株式会社様のご協力で「USHIO COMMUNICATION LAB」にて開催させていただきます。東京駅から徒歩2分、大手町駅直結の丸の内北口ビルディング17階という好立地。丸の内の夜景を見ながら映画を楽しめる、とてもオシャレで素敵な会場です。








■映画に合ったソフトドリンクをプレゼント

東京キリンビバレッジサービス様が、このイベントのために映画に合ったソフトドリンクを選んでご提供くださいます。どんなドリンクが登場するかお楽しみに^^


【写真:『ハッピー・リトル・アイランド』の上映時にご提供いただいたハーブティー】
※お腹が空く時間ですので、自由に軽食等をお持ちいただきお召し上がりいただいて大丈夫です。


■World Theater Project代表


教来石小織(Saori Kyoraiseki)
1981年生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。派遣の事務員をしていた2012年、「途上国の子ども達に映画を届けたい」と思い立ちよりカンボジアの子どもたちへの移動映画館活動を開始。俳優・斎藤工氏の呼びかけで製作した世界中どこででも上映できる権利フリーのクレイアニメ『映画の妖精 フィルとムー』(監督:秦俊子)を製作。提携団体と共に移動映画館の活動を世界へ広げている。第32回人間力大賞文部科学大臣賞受賞。The JCI Ten Outstanding Young Persons of the Worldの20名に選出。著書に『ゆめの はいたつにん』(センジュ出版)。


------イベント概要------------------------

日時:
2020年1月24日(金)19時00分~21時00分(受付開始:18時45分)

※状況により終了時間を過ぎる可能性もございます。

内容:
・団体紹介
・映画上映
・ネパール映画配達人の特別講演

会場:
USHIO COMMUNICATION LAB
(東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング17階)
JR各線 東京駅 丸の内北口より徒歩2分
東京メトロ各線 大手町駅 B4出口またはB2C出口直結
https://www.ushio.co.jp/jp/company/office/office_01.html

定員:
40名

参加費:
一般 1500円、ギフトシネマ会員 1000円

★ギフトシネマ会員は、途上国の子ども達に映画を届けるワールドシアタープロジェクトの寄付会員のことです。

ご支援いただくことで途上国の子どもに映画が届くだけでなく、国内でのイベント割引き等の特典もございます。
CINEMA AIDでは、月額1000円以上のサポートをしてくださっている会員様の参加費を割引きさせていただいております。

*************************************************************
サポーター:ご本人様のみ割引適用
シルバー :ご本人+お友達1名様まで割引適用
ゴールド :ご本人+お友達2名様まで割引適用
プラチナ :ご本人+お友達4名様まで割引適用
*************************************************************
ギフトシネマ会員詳細はこちらから


※参加費の経費を除く利益は、ワールドシアタープロジェクトの活動費に充てさせていただきます。
※飲食持ち込み自由です。ちょうど夕飯時のお腹が空く時間ですので、上映中にお召し上がりいただいて大丈夫です^^

申込みはこちらのpeatixページよりお申込み・お支払いをお願いいたします。

----------------------------------------------------------------
主催:NPO法人World Theater Project
協賛:東京キリンビバレッジサービス株式会社
協力:ウシオ電機株式会社
オープニング映像制作:株式会社フューチャーフォーク

Updates
  • タイトル は 満員御礼!【CINEMA AID(シネマエイド) in 丸の内】ネパールの映画配達人による特別講演+クレイアニメ映画『映画の妖精 フィルとムー』 に変更されました。 Orig#514879 2020-01-22 15:12:07
More updates
Fri Jan 24, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
USHIO COMMUNICATION LAB
Tickets
一般 SOLD OUT ¥1,500
ギフトシネマ会員(サポーター以上) SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング17階 Japan
Organizer
World Theater Project
598 Followers